読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

影踏み

影踏み (祥伝社文庫)

影踏み (祥伝社文庫)

最近読みかけの本が多い・・・。元々読み散らかす方なのでいかんと思い、一つずつきっちり行こうと兜の緒を締め直して読みました。

横山秀夫さんの世界は描き出される人物の濃度(裸さ加減?)の方向性が独特で、その人物達が紡ぎだす世界の温度感のようなモノにぐっと引き込まます。本作は横山さんは警察小説が多いなか、泥棒を主人公に据え話が展開していきますが、その身の回りの哀愁にも近い淀んだ空気感が読んでいる最中にも読後しばらくも身の回りに漂っているような感じがします。

スカっと読んでしまえる本はスカッと読める分余り読み返す事は少ないのですが、こういう本は後から何度か読み直しそうな気がします。