読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

床下仙人

床下仙人

床下仙人

近所の書店で猛プッシュされていたので手に取った本。調べてみたら、新刊ではなく1999年発刊とのこと。短編集で、主人公は皆いわゆる「企業戦士」。このダークなユーモラスさに何となく既視感(既読感?)を覚えるのだけれども、どこで読んだ感覚かを思い出せない。。。星新一さんかな、んーでも、ちょっと違う。ともあれ、テンポ良く読むことができる一冊。発想の視点の奇抜さがプッシュされてはいたけれど、いわゆる「企業人」にとっての根底にある哀切は、スタンダードなもののように感じました。

この本の最後が「シューシャイン・ギャング」でなければ、素通りしてしまったかもしれない一冊。「拘るな」そんな気持ちにさせてくれる一遍で締めくくられています。