読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロンリーウルフ

一人暮らしに耐えかねて、先週末から本日まで奥さんの実家で過ごす。二週間ほど会ってなかっただけでしたが、着実に大きくなってました、わが娘。足回りとか、ほっぺたとか。その元気な姿見るとほっこりしたものです。ですが、一昨日の晩の事でした。

んぎゃー、
んぎゃー、
んぎゃー、
んぎゃー、

おっぱいあげても駄目、あやせばしばらく落ち着くものの、寝かせてみると、すぐまた「んぎゃー」。いや、事前に聞かされていたものの、眠れなくってグズッてる時のパワーすごい。。。娘も眠たいのに、眠れなくて「イラッ」としてるもんで、それに自分の泣き声がフィードバックされて、さらに盛り上がっていく、、、と。

ふと、赤ちゃんに温度、湿度、質感(抱かれているような)諸々、最適な睡眠環境を提供するハイテクベッドなどがあれば、と夢想をしてみたりするわけです。ただ、よくわからんが気持ち悪いっていう「自分の気持ちを表現すること」は赤ちゃんにとっても大事な事だし、これから続く長い子育て道において、「相手がそもそも自分の思い通りにいかん」という大前提を体感するという事は親にとっても大事な事なのかなぁ、とねむけ眼で考えたりもした次第です。

まぁ、そんな悠長な事を書くと、毎日面倒を見ない男親だから、とツッコマれそうではあるのですが。。。

来週カムバックしてきたら、ほどほどにつっこまれる位には頑張ろうと思いマス。。。