読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SeasarConference 2009 Autumn

先週末、いつも通り弾丸で SeasarConference 2009 Autumn に行って参りました。毎度の事ながらスタッフの皆様、スピーカの皆様、お疲れ様でした、ありがとうございました。

yui-frameworks

Flexフレームワーク yui-frameworks の arkw さんによる紹介。開発者とデザイナの作業領域の分離を指向したフレームワークとのこと。

基本的なアイディアとしては、View(mxml) <-> Helper (as) <-> Action(as)という構造にして、デザイナは View に専念、開発者は Helper/Action に専念、というスタイルで開発出来るようにしたとのことです。もうちょっと具体的にえば、実際に開発者が View を触らないといけないような、イベントハンドリングなどの記述をフレームワーク側で規約に従って行うことにより、そういう作業をなくしている、という模様です。

Flexフレームワークは丁度昨年末から今年の頭あたりにかけて少し調べていたのですが、PureMVC など考え方はわかりやすいけれども重いかなー、とか MVC ではなく PAC アーキテクチャのものがいいのかなー、とか色々悩んだりしてました。今回聞いた限りでは yui-frameworks は基本は MVC スタイルで記述し、かつクラス間のバインディングやなんやらは PureMVC なんかに比べては楽には出来そうな雰囲気を感じました。

View/Helper/Action をどうやってオートバインディングしているのかの仕組みが気になります。この辺り余力ある時にソースをちょっと覗いてみようとおもいます。

以下、初めて知った Flex の機能メモ。

mobyletのケータイサイト30分クッキング

mobylet + T2 on GAE で twitter ライクな mobytter をその場で作るデモでした。説明を丁寧にされていた分、デモは最後駆け足になってましたが、それでも最後には動くものが GAE に up されてました。デモで作って GAE にアップして、QR コードでアクセス、っていう流れいいですね。何かの機会に使いたい。

Choistudy でも、こっそりモバイル機能を公開していますが、キャリア判別のために mobylet を使っています。現在は機能をドリル学習に限定しており、アルファ版という位置づけもあるので絵文字や画像変換機能などは利用していません。ただ、キャリア判別だけでもちゃんとしたものを作ろうとすると結構手間かかるので、その点でだけでも十分にありがたいものでした。利用方法も基本的には Filter 設定と dicon の読み込みで非常に手軽ですし。(ちなみに、Choistudy では PC サイトと共存させているため、response をラップする処理を抜くため独自で拡張フィルタを作りましたが、今のバージョンだといらないかもしれません。)

mobylet 自身はフットプリント小さくてシンプルに作られていますし、依存ライブラリも少ない (S2 依存でもない) ので Java でモバイルサイトをこれから作ろうとする際には要チェケラなフレームワークだと思います。

T2のいま・そしてこれから

「T2 のいま・そしてこれから」と題しての T2 のお話でしたが、前段の部分での今の技術潮流と、それに対して Web フレームワークが取るスタンスについての考察が興味深かったです。HTTP の上に様々なプロトコル(データフォーマット)が乗っかってきているというのは、実際に起こっていることであり、それに対してフレームワークがストレスのないアクセスを提供していく、という考え方は一つの方向性ではあるな、と。AMF on Cubby もやり易いようにしてみたい。かたや反面、Cloud という文脈の中で (最初は) 制約が多いので、その中で如何にコンパクトに、かつバランスよく機能提供していけるか、って言うところが味噌なのかなー、と思いながら聞いていました。

その他メモ

Blogopolisの裏側

ハマちゃん、かっこいい。その一言につきました。

いや、もうこれでもかっていう位 Blogopolis には様々な技術要素がありますね。

そして相変わらず自宅鯖な事にも驚き。自宅鯖最強、と唱えてみる。

懇親会、その後

今回はひがさん、まさたかさん、nobeans さんという濃いテーブルにて鶏肉を食す。僕の記憶に間違いなければナンコツの唐揚げは二回出て来たはず。

いつもギリギリまで粘って東京駅で走ったりする羽目になるので、今回は余裕をもって出たのですが、電車に乗り間違えて秋葉原から千葉方面に連れていかれそうになり、結局走ることになりましたとさ。。。