読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mac でシリアル接続

Mac 小ネタ

すっかり春めいてきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。さて、表題の通りの内容なのですが、コレ既に世の中に沢山情報あるので、備忘 + 2010 年現在時点でも有効だよ、という程度のメモです。環境は、Mac OS X 10.5.8 on MacBook Pro。シリアル接続に使うのは 7,8 年前に購入した ELECOM UC-SGT 。これ、ずっと使ってるのですが壊れもせず、優秀な一品ですね。

ELECOM USB to シリアルケーブル 0.5m UC-SGT

ELECOM USB to シリアルケーブル 0.5m UC-SGT

詳細は このエントリ の内容そのままです。

ドライバをダウンロード

Prolificのページ から、PL2303 のドライバをダウンロード。Mac OS と書いてある所のものを。インストール後再起動。

設定値を書き換え

USB Prober で Elecom ... と表示されている所の値を確認して /System/Library/Extensions/ProlificUsbSerial.kext/Contents/Info.plist を編集。(先の参考ページに記載のある Product ID と異なっていたので、USB Prober で自環境の値を確認したほうがよさそうです)

# diff Info.plist Info.plist.org 
27c27
< 		<key>056E_5003</key>
---
> 		<key>067B_2303</key>
40c40
< 			<integer>20483</integer>
---
> 			<integer>8963</integer>
42c42
< 			<integer>1390</integer>
---
> 			<integer>1659</integer>

読み込み

# kextload /System/Library/Extensions/ProlificUsbSerial.kext 
kextload: /System/Library/Extensions/ProlificUsbSerial.kext loaded successfully

接続確認

Solaris では tip 、Linux では kermit 、Windows では TeraTerm 、と使ってきたのですが、Mac では何がええんだろう、と思って調べてみると、screen を使っている情報が多かったので、screen で。へー、と思う。切断は、つい癖で ~. としてしまいがちですが、Ctrl+a Ctrl+\ にて。

$ screen /dev/tty.usbserial 9600
:
{0} ok