読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

娘が一歳になりました

日々のつぶやき

生まれてから早一年。無事大きな病気や怪我もなく、一歳の日を迎える事が出来ました。

両親から「準備して親になれる親なんかあらへん、子供に親にしてもらうんや」と言われて、そんなもかいねー、とぼけっと思っていたが早一年、怒濤のように過ぎ去りましたが、ふと思い返すと、そういうもんやなー、と思う一年でした。

生まれてから奥さんは実家に帰り、一月ほどは実感なかったのですが、戻ってきてから数ヶ月が、まず最初の大変。夜はなかなか寝ないし、深夜にも起きるし。母乳の事やら体重の事やらもあわせて奥さんも色々悩みながらも、頑張ってました。僕は、というと、この頃の父親って本当に具体的に役に立つ事はほとんどできなくって、せめてお風呂に入れる事ぐらいは、と思ってお風呂入れ担当に就任した事を覚えてます。

半年前後くらいから、目で追ったり、笑ったり、と少し「表情」が出て来て、この時期くらいからは、僕の中で、「娘にウケたい欲」がムクムクと出て来たり。あの手この手で笑わせようとしてみるも、同じ手が何度も通じなかったり。うざがられない程度に大きくなるまで続けてみようっと。

冬に奥さんが風邪でダウンした時に、たった半日だけだったのですが、娘を片手に掃除、洗濯、ご飯作りを (出来る範囲でしたが) した時は本当に家事、育児は超重労働と思いました。元同僚の二児のママが言っていたのですが「(自分が風邪になって) 仕事を休めたとしても、労力の三割が楽になる位だよ」というのを実感。

なかなかハイハイしないねー、とちょっと心配気味だったのが数ヶ月前。今やつかまり立ちもマスターし、そこここを行き来してます。今は目が離せなくて大変。

そんな感じの毎日、曰く「育児、待った無し」な毎日が続いてて、ぶっちゃけゆっくり本読んだり、映画観に行ったり、ライブ行ったり、ラーメン食べにいったり、など出来なくなった事 (これは奥さんのほうが滅法多いけど) もあるけれど、その分、沢山の言葉に出来ない感情をもらってるように思います。

一年振り返ってラッキーだったなー、と思うのは、知り合いに先輩ママがいたり、同じ位の月齢の子供のいるご家庭と知り合いになったり、そういう知り合いがいたり、と、色々と相談出来る環境にあったことや、僕らの両親とも近い場所にいて、いざとなった時に助けてもらえたことも大きかったです。

何はともあれ、皆様のおかげですくすく育ってます。これからもよろしくお願いします。