読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEB+DB PRESS Vol.62 の AWS 特集を執筆しました

JAWS-UG 京都支部勉強会第一回は爆笑で始まり、天一で終わった訳ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか、ソメダです。

WEB+DB PRESS Vol.62

WEB+DB PRESS Vol.62

  • 作者: cho45(さとう),染田貴志,浜本階生,おにたま,中島聡,角田直行,はまちや2,山本竜三,尾藤正人,石橋利真,ミック,みやけん,個々一番,広木大地,原悠,WEB+DB PRESS編集部
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2011/04/23
  • メディア: 大型本
  • 購入: 16人 クリック: 1,370回
  • この商品を含むブログ (23件) を見る

今週末 4/23 に技術評論社より発売される、WEB+DB PRESS Vol.62 の AWS 特集を id:dragon3 さんと執筆させて頂きました。

クラウドサービスの定番ともいえるAmazon Web Services(以下,AWS)のデータセンターがいよいよ日本でも開設されました。そこで,本特集では機能拡張を続けるAWSの現在の全体像をいまいちど振り返り,サービスを新しく開始するうえで考えておくこと,AWSの特徴を活かしたサービス設計や運用方法,既存のサービスをAWSに移行する際の注意点などの視点から,AWSを利用するためのノウハウを余すところなく解説していきます。

http://gihyo.jp/magazine/wdpress/archive/2011/vol62

とあるように、今回の特集では、id:dragon3 さんと一緒に AWS でのサービス運用を実際に行って得たノウハウを出し惜しみせず、全力 (?!) をだしきった記事となっております。

先日の JAWS-UG 京都の勉強会でも感じたのですが、この三月の東京リージョン開設を受けて、いよいよ AWS を使ってみよう、と考えられている方が多いのではないのでしょうか。そのような方に、

  • まずは全体を振り返り、
  • 始めるためには何が必要なのか、
  • はたまたサービスを移行するにはどんなポイントがある ?!

などといった本特集の内容が、お役に立てれば、と思っています。

記事を執筆するにあたって、毎日猫の手も借りたいほど子育てが大変にもかかわらず、執筆に時間を割く事を快諾してくれた嫁さんには頭があがりません。

いわば、この記事の私担当の部分の半分は嫁が書いたようなものです。という訳で、この記事の執筆料は嫁(ry

蛇足ですが、年末から企画の構成を練り、実際に執筆をはじめてから Elastic Beanstalk は出るわ、SES は出るわ、締め切り直前にCloudFormation は出るわ、と c9katayamaさんの苦労がよくわかりました。