読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

35歳、改めて、もがいてみようと思います

今日 id:moririring さんと呑みながら色々仕事や業界に関する話をして、久しぶりにほろ酔い気分で書いてます。

さて、先日、僕はいわゆるプログラマ定年説である35歳になったのですが、くしくもそのタイミングに合わせるかのように、仕事の内容がこれまでのサービス開発、運用から、技術者向けのマーケティング、エバンジェリスト的なものに変わることになりました。( 転職ではなく、役割が変わるという事です、念のため。。。)

元々「自分の手でプロダクトを作りたい」という思いからサンを退職し、未踏ソフトウェアにチャレンジしたり、CTO としてチョイスタジオの起業に参画したり、といった過去からしても、僕は「自分の手で作る」という事に人一倍想い入れがある方だと思います。事実、今後 (少なくともしばらくは) プロダクションコードを書かないという事に対して、後ろ髪をひかれる想いがまったくないの?と問われたら、正直答えはノーです。

ただ、「自分の手で作りたい」という想いと同じかそれよりも強く「自分が関わるプロダクトを広く使ってもらい、その結果としてビジネスが成立する、という成功体験を得たい」という想いが、ここ数年とてもとても根強く僕の中にあります。それは、二宮尊徳の言葉を借りれば「経済なき道徳は寝言である」という事で、「どれだけ作ることが好きで理想があっても、ビジネスとして成立しなければ、続けられない。継続できなければ、結局価値は生み出せない」という事を身を以て経験したことに依ってると思います。

その観点にたった時、今のチームで自分が出来る事、最大限貢献出来る事を考えると、新しい仕事内容は、とても前向きにチャレンジしていきたいものです。

勿論この背景には、「ものを作る」といった技術力に加え、サービスを運用をする事に対してマインドをしっかりもった同僚、後輩に恵まれたという事もあります。特にこの一年間は、新しくチームに参加する優秀なメンバーが増え、自分の役割どころが少しずつ変わっていることも感じていたということもあります。

そんなこんなで、これまで経験ないことに35歳で改めてチャレンジする事になりました。勿論、仕事として結果を出していきたいと思ってますが、もう一つこのチャレンジに対して、「心はプログラマ、仕事はマーケティング」といったロールモデルもエンジニアとしてありなんじゃないか、それを模索してみたいところもあります。

ともあれ、何をすればよいのかも分からない事だらけなので、勉強しないといけないことも沢山あるでしょうし、失敗もするだろうし、しばらくはもがき続けないといいけないだろうなー、と思ってます。また道に迷ったときに、お世話になってる皆様に、話を聞かせてもらったり、ディスカッションさせてもらえたら嬉しいなと思い、ご報告と決意表明もかねて、このエントリを書きました。

改めて、今後ともよろしくお願いします。なんて。